【2016年9月版】1GB/s超えのNVMe対応SSD比較

  • 2016年09月14日

こんにちは!
このブログに記事を書くのも、もう2年以上ぶりになりますね。

ここのところ、非常に多忙で
タルタロスをプレイする余裕もなく日々が過ぎていました・・・

そんな中、急遽パソコンを購入する運びとなりまして
一通り組み上げたのですが、ストレージの性能だけ
ボトルネックになっていたので、最近流行りの
NVMe対応のSSDを導入してみようかと色々調べてみました。

その中でも、読み込み速度が1GB/sを超えるものを
ピックアップしました。

基本はメーカーサイトから拾ってきた数値を記載しているので
各社によって表記がまちまちだったのですが
誰かの参考になれば、と備忘用にSSDの一覧を置いておこうと思います。


※横スクロールできます。
 すみません、見づらくて・・・




●128GBクラス

製品型名メーカー規格容量読込み書込みランダムリードランダムライトスペック
SM951 MZVPV128HDGMSamsungM.2(Type2280)128GB2000MB/s650MB/s300000 IOPS83000 IOPS仕様ページ
SSDPEKKW128G7X1IntelM.2(Type2280)128GB770MB/s450MB/s35000 IOPS (8GB Span)91500 IOPS (8GB Span)仕様ページ
PX-128M8PeGPlextorM.2(Type2280)128GB1600MB/s500MB/s120000 IOPS130000 IOPS仕様ページ
PX-128M8PeGN仕様ページ
PX-128M8PeYPlextorHHHL128GB1600MB/s500MB/s120000 IOPS130000 IOPS仕様ページ
プレクスターの製品で、末尾が「G」「GN」「Y」になっているのは
 G→ヒートシンク有り
 GN→ヒートシンク無し
 Y→ヒートシンク有り、HHHLカード(PCIe x4スロット用)
の意味があるようです。

一応1GB/sのものをピックアップとしていますが
例外的にintelのSSDPEKKW128G7X1は
上位機種が1GB/s超えなので掲載しています。

この中で言えば、Samsung の SM951は
もうかなり前から販売されていたので
結構普及しているのではないでしょうか。


バルクなので、同じくSamsung の 950 Pro (256/512GBのみ)と
比べると、保証の面で弱いようですが、その分値段が抑えられているようです。






●256GBクラス
製品型名メーカー規格容量読込み書込みランダムリードランダムライトスペック
MZ-V5P256B/ITSamsungM.2(Type2280)256GB2200MB/s900MB/s270000 IOPS 4KBランダム(QD32)85000 IOPS 4KBランダム(QD32)仕様ページ
SM951 MZVPV256HDGLSamsungM.2(Type2280)256GB2150MB/s1260MB/s300000 IOPS100000 IOPS仕様ページ
SSDPEKKW256G7X1IntelM.2(Type2280)256GB1570MB/s540MB/s 71000 IOPS (8GB Span)112000 IOPS (8GB Span)仕様ページ
PH240GPM280SSDRPatriotM.2(Type2280)240GB2700MB/s1100MB/s130000 IOPS205000 IOPS仕様ページ
PX-256M8PeGPlextorM.2(Type2280)256GB2000MB/s900MB/s210000 IOPS230000 IOPS仕様ページ
PX-256M8PeGN仕様ページ
SHPM2280P2/240GKingstonM.2(Type2280)/HHHL240GB1400MB/s1000MB/s160000 IOPS119000 IOPS仕様ページ
PX-256M8PeYPlextorHHHL256GB2000MB/s900MB/s210000 IOPS230000 IOPS仕様ページ

価格的には、この辺がお手頃ですかね。

今回購入をしようと考えているのもPX-256M8PeGが最有力候補です。



他にも、先日発売したばかりの
Patriot製の「Hellfire M.2 PH240GPM280SSDR」が
数値だけ見るとずば抜けています。

色々なサイトを見ても数値がちょっとずつ違うのですが
メーカー公式ページのSKUシートを見ると
上記表内の数値が記載されていました。

こちらも、最近発売したIntel SSDPEKKW256G7X1は
750シリーズとくらべて性能は落ちていますが
定価設定が$104(512GBは$189、1TBは$359)と
安めに設定されているので、「Intel製は安心」という思考の方には
選択肢として良いのではないでしょうか。

ちなみに、Kingston製のSHPM2280P2/240G
カードそのものはM.2規格のものですが
HHHLアダプターが付属しているので
PCIe x4スロットにそのまま差し込みも可能なようです。







●512GBクラス
製品型名メーカー規格容量読込み書込みランダムリードランダムライトスペック
MZ-V5P512B/ITSamsungM.2(Type2280)512GB2500MB/s1500MB/s300000 IOPS 4KBランダム(QD32)110000 IOPS 4KBランダム(QD32)仕様ページ
SM951 MZVPV512HDGLSamsungM.2(Type2280)512GB2150MB/s1550MB/s300000 IOPS100000 IOPS仕様ページ
SSDPEKKW512G7X1IntelM.2(Type2280)512GB1775MB/s560MB/s128500 IOPS (8GB Span)128000 IOPS (8GB Span)仕様ページ
PH480GPM280SSDRPatriotM.2(Type2280)480GB2700MB/s2200MB/s116000 IOPS210000 IOPS仕様ページ
PX-512M8PeGPlextorM.2(Type2280)512GB2300MB/s1300MB/s260000 IOPS250000 IOPS仕様ページ
PX-512M8PeGN仕様ページ
SHPM2280P2/480GKingstonM.2(Type2280)/HHHL480GB1400MB/s1000MB/s130000 IOPS118000 IOPS仕様ページ
750 Series SSDPEDMW400G4X1IntelHHHL400GB2200MB/s1200MB/s430000 IOPS (8GB Span)230000 IOPS (8GB Span)仕様ページ
PX-512M8PeYPlextorHHHL512GB2300MB/s1300MB/s260000 IOPS250000 IOPS仕様ページ
ZTSSD-PG3-480G-GEZotacHHHL480GB2600MB/s1300MB/s--仕様ページ
低容量のものと比べると、このクラスは
かなり書き込み(シーケンシャルライト)性能jが向上しているものが
多く目立ちます。

ランダムリードの性能を見ると、Intel 750 が圧倒的ですが
この辺はどうなんでしょうね。
ゲームをしたり、Windowsを起動したりするには
ランダムリード性能が高いほうが有利と聞いたことは有りますが。

保証を気にして950 Pro を購入するか
価格を優先して、SM 951を購入するか
空きスロットの活用に、Intel 750を選ぶか、ですかね。


また、今回調べるまで知らなかったのですが
Zotacさんも、HHHL規格のZTSSD-PG3-480G-GEという
製品を販売しているんですね。

こちらはランダム性能の情報がなかったため
ハイフンとしています。






●1TBクラス
製品型名メーカー規格容量読込み書込みランダムリードランダムライトスペック
SSDPEKKW010T7X1IntelM.2(Type2280)1TB1800MB/s560MB/s 155000 IOPS (8GB Span)128000 IOPS (8GB Span)仕様ページ
PX-1TM8PeGPlextorM.2(Type2280)1TB2500MB/s1400MB/s280000 IOPS240000 IOPS仕様ページ
PX-1TM8PeGN仕様ページ
SHPM2280P2/960GKingstonM.2(Type2280)/HHHL960GB1350MB/s600MB/s160000 IOPS126000 IOPS仕様ページ
750 Series SSDPEDMW012T4X1IntelHHHL1.2TB2500MB/s900MB/s460000 IOPS (8GB Span)290000 IOPS (8GB Span)仕様ページ
750 Series SSDPEDMW800G4X1IntelHHHL800GB2100MB/s800MB/s420000 IOPS (8GB Span)210000 IOPS (8GB Span)
PX-1TM8PeYPlextorHHHL1TB2500MB/s1400MB/s280000 IOPS240000 IOPS仕様ページ


正直、ここまでの容量をSSDに求める人の考えは
ちょっとわからないです。

システムドライブに使うのであれば、256GBで十分だと
思うんですよ私は・・・

ここにお金使うなら、最上位のグラボ買うとか
そういうことを視野に入れたいです。

ちなみに、今回作ったパソコンのグラボは
GeForce GTX 1060 なので、最上位ではないにしろ
そこそこ色んなものを遊べるくらいの性能なので満足しています。




・・・ふぅ、疲れた。
有力候補はあるものの、結局どれをポチろうかは思案中です。

また報告できる機会があれば、ご報告しますね。

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのコメント

丸々1ヶ月、ブログ更新に気付かなかったー><;

レラさん、新しくPC組んだのですね、羨ましい・・・
NVMe対応SSDを導入とのことですが、
今月のDOS/V POWER REPORTを読むと
M2形状のNVMe対応SSDの大半がサーマルスロットリングって現象が起こってPCケースの熱対策をしっかりしてないと速度がガタ落ちするとかいう記事が載ってました。
その辺り、大丈夫だったのかな~(´・ω・`)

タルタロスの方ですが、過疎は進みきった感があって
人数こそ少ないものの、もう今いる人は最後までやるんじゃないかな~って感じです^^;
やり込みが凄い人が多いのか、廃課金者さんなのか武器+20持ちもそれほど珍しくないかな~
まぁ大半の方は+15で満足されてますが・・・
旧タルと違って精錬での数値上昇率が凄く落ちましたからね~

長文、失礼しました~
また覗きにお邪魔します(;^ω^)

1. Posted by meisou 2016年10月15日 18:46

|ω・`) チラッ・・・

NVMeタイプのSSDはケースのエアフローを万全に熱対策しないと
サーマルスロットリングが起こって転送速度がガタ落ちするとか・・・

レラさんは大丈夫だったかな~(;^ω^)

2. Posted by meisou 2016年10月16日 14:06

こんな何年も放置してたブログ見ててくれてありがとうございます…!

無事問題なく動作しておりますー!
某価格比較サイトのレビューを元に、シリコンフリー放熱シート+メモリ用ヒートシンク装着して、さらに8cmファンをファンステイで固定して、40℃程度で安定です(*´∀`)

M.2 SSD組み込むのに、熱がネックになるのは事前に情報を得ていたので、抜かりなく対策しましたよ!

タルタロスは…もうなんというかお腹いっぱいです…
あの頃のタルタロスは帰ってこないんだなぁ…(遠い目)
何と言っても、レベリングに割ける時間が取れないので、サービス開始直後にレベル50くらいにして、エルピン仲間にして限界でした(´-﹏-`;)

今後も思い出したときにブログ更新するかもですが、ぜひいらしてくださいませー!

3. Posted by れらたん 2016年10月25日 11:57

自作PC組まれるくらいだから対策は万全でしたか!
余計な心配だったな~(;^ω^)

今の季節で40℃安定なら、夏場も大丈夫そうかな(・・;
ウチとこは夏場、室温30度超えるまでエアコン使わないから
同じ構成でも厳しくなりそうだけど^^;

時間が無いとネトゲは無理デスヨネ・・・
Lv上げもそうだし、レア掘りなんてのも大変だし><;

でも、ウチは最後までタル完走します!

また覗きにこさせていただきますね~(´∀`)ノシ

4. Posted by meisou 2016年10月31日 12:55

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価: